忍者ブログ

國學院大學児童文学会のブログ

サークルの活動告知と報告。新入部員いつでも大歓迎!!

※当サークル連絡先→jidoubungakukai☆gmail.com(☆を@に変えてご送信ください)

   2014

1030
2014年前期作品集、感想ペーパーのまとめ第四弾です。「桃」「山吹のほたる」「関東の奈落」の三作品、そして上下巻まとめた感想について掲載しています。「続きから」よりどうぞ。

「桃」 むしくいきゃべつ

・なんでもないものをこんな風に書けることが羨ましい。文章のセンスと展開が好き。長編も書いてほしい。
・なぜ主人公は桃やカレに気が向かなくなってしまったのかが分からなかった。
・タイトルに「桃」と付けているわりに、桃の役目は導入で終わっている気がする。何を主題に書きたいのかよく分からなかった。
・“軽さ”をテーマにしているのかと思った。
・主人公のリアルな気持ちに親近感がわいた。
・何かの夢から解き放たれたような主人公の話が短くまとまっている。
・詩のような形式。
・素直に読んでもなかなか本性が見えて来ず、深読みするとますます分からなくなる。これが女性の心理を的確に表現したものだとしたら、自分は一生女性を理解できないのかもしれない。
・桃のおいしさを表現するのに「おいしい」という形容詞を使わないでほしかった。作者自身の描写の保険に感じられる。
・何もしたくない一日を表現しているのかと思った。
・女性誌のコラムのページに載っていそう。女友達から受けた相談の内容っぽい。
・女の子の恋の冷めるさまを書いた幻想的な作品。
・好きなものと、それに関連するものまで連鎖するように嫌いになっていく過程が描かれている。
・主人公の無邪気さがかわいらしい。
・“飽きる”ということを文章化したものだろうか。人には冷めてしまう瞬間があり、それは悲しいくらいに唐突に来る。太宰治の『トカトントン』と似た題材だと思った。
・主語述語の不一致が気になる。散文詩なのかと思ったが、それにしては文章的でどっちつかず感が否めない。奇をてらいきれてないような印象。



「山吹のほたる」 虹一

・前作の番外編か続きなのだろうか。眼鏡の人がどのような力を持っているのかの説明が足りないのでは。ほたるとの関係性、なぜユエと暮らしているのかなどもやもやする点も多い。
・言葉選びのセンスが良く、表現がきれい。金魚や万華鏡などの使い方が上手。
・彼らがどのような存在なのか考えながら読んだ。
・じわじわと真実が分かっていく感じが好みで面白かった。
・童謡と話の雰囲気とがよくマッチしている。
・設定がよく作り込まれているのは分かった。
・前作と同様、作品世界のヴィジュアルが思い浮かべやすかった。作品の情報量が多いので、長編でこの世界を読んでみたい。
・独自の世界観を作り上げている。描写の一つ一つが美しい。
・色の表現が良い。登場人物の個性がはっきりと出ている。場面展開に音が効果的に使われている。
・夏を感じられる、季節感のある作品。
・現実感のあるものとないものが混ざった構成が世界観をより不思議にしている。
・時系列が飛ぶので何が起こっているのか理解が追いつかない。前の場面に取り残される感じ。内容と文章量が合っていない。作り込まれた世界観だからこそ、もっと詰める内容を減らして説明が欲しい。
・人外の生き物や蛍柱などが幻想的。
・ライトノベルっぽい。娯楽としては良い。
・読者に深読み、類推させる手腕がすごい。目によって“見た”ことから起こる束編、それを解くのが言霊であること、細かい設定が良かった。
・続きがあるのかと思ったらなかった。キリの良いところで終わらせないのにはなにか理由があるのだろうか。



「関東の奈落」 四万馬力

・作者の解説が楽しみ。自分では確かなことが分からず、ぼんやりと輪郭が見えるか見えないか微妙な感じ。
・奈落というのはなにかの象徴なのだろうかと思った。それ以上の感想を持つことは出来なかった。煙に巻かれたような感じ。
・奈落は何でも食べる掃除やさん? 特に害悪を好んで食べるのだろうか。
・意味が分かればもっと楽しく読めるのかと思った。
・果たしてこの目撃者の奇妙な証言は真実なのだろうか?と思い、奈落という存在への謎が深まる。
・諸星大二郎の『妖怪ハンター』っぽい雰囲気。
・片方がインタビューで片方が証言なのはなぜだろう。
・読んでいくほど奈落という存在が分からなくなっていく。
・奈落にはこれからも増えすぎた人間を喰らってほしいと思った。
・何も分からない意味不明さがまさに奈落だな、と。作者の世界観をこの短い文量で表現しきっている。
・銀色のバッジを付けた奈落というお掃除屋さん…ゴミにはゴミ人間も含まれているのだろうか。
・流石の出来。
・読後の虚無感、読めば読むほどもやもやが残る。薄暗い路地裏というところからして舞台は外国っぽい。個人的に、奈落とは見た人の心の奥底のトラウマとか苦手なものとかが幻覚として現れたものかと思った。
・多角的な表現が上手い。
・オチがなく、少し物足りなく感じた。文章を書き慣れてる感じは作品集のなかで断トツ。
・ストーリーとしてのまとまり、完結した物語らしさはないが、興味を惹かせる断片が散りばめられている。理解する必要はないのかな、と思った。



【上下巻まとめ】
・設定をとにかく書いただけで終わってしまった作品や、逆に表現に凝るあまり舞台設定がおろそかになっている作品もあった。
・全員の文章体裁を揃えるべきでは。三点リーダーの使い方や、感嘆符疑問符のあとの処理、段落下げなど、文章を書くうえでの基本が守られていない作品が見受けられる。また、完結していない作品があったが、正直それでは合評のしようがない。
・それが悪いというわけではないが、児童文学というには、重い、堅い、不親切な作品が多い。
・女子部員が多いからか、なんとなく女性的な文体が多かった印象。嫌いではないけど少しぽわっとしすぎかも。
・二三年生の作品は、本屋に置いてある小説を読んでいるような気分になった。
・何回か読むたびに理解が深まっていく作品が多かった。
・世界観をもっと作り込んでほしい。もうひとつ何かスパイスがあれば見違えそうな作品が沢山ある。 表現力、描写力を向上させてほしい。「キラキラ」「美しい」「公園」などだけでなく、作者にしか表現できないような表現のしかたを。
・比喩表現や情景描写が凝った作品が多く、こんな表現のしかたがあるのか!と感心した。作者それぞれが独特の世界観を持っており、それをのぞき見するのが楽しかった。性格に難のある登場人物が多い。誤字脱字が目立ったので、書き上げたら推敲をしっかりするか、他の人に読んでもらうかするべき。
・続きが気になる作品が多い。ぜひ続編をお願いしたい。
・参加者が増えたおかげで様々なタイプの作品が読めた。次回もたくさん集まってほしい。
・自意識の話が多いように感じた。“他者”を“他者”として描いている作品が少ない。個人的には娯楽作品をもっと読んでみたいと思う。
・個人の好みによるものが大きかったと感じた。 次回はページ数、テーマ、キーワードなどなんでもいいのでなにかしらの制約を設けても良いのではと思う。


以上です。感想を書いてくださったみなさん、作者のみなさん、ありがとうございました。
PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール

主にブログに携わってるメンバー
(ハンドルネーム表記)

★さざめ 役職:なし
日文4年怒涛の7×単位。果たして卒業できるのか。
財布のなかのチケット枚数が減ってくると精神に不調をきたす。

★橋谷 担当:web・雑用
元講演会係の現雑用。4年。
同期からは徹夜が趣味だと思われている。

★きくらげ 役職:講演会
今年度期待の講演会係。
2年生ながらすでに複数の企画を計画中!

※常時書き込みをしてくれるサークルメンバー募集中。
追加・代替わりすると上記メンバーに変更が加わります。

--------------------
↓最近引退しました

★あわ吉 
われらが癒しの幹事長。
B'zの稲葉さまを崇拝している。
よく腹を空かせた部員にお菓子を恵んでくださる。

★くま 
頼りになる姉御ポジション。
多趣味すぎて常に金欠だがこれ以上ないくらい人生が楽しそう。

--------------------

★ことなが 役職:幹事長
サークルの妖精。
長く細く生きていて、何気に話題の中心になる。
カラオケでは30秒とたたずに息が切れる。
負けるな、幹事長をモットーに頑張ります。

★かふゆ 役職:渉外
お節介やきなお母さんポジション。
色々と考えるくせに最後の詰めが甘くて失敗することも多々。
落ち込みやすく、浮上しやすい。

★ハナサカ 役職:編集
原色と茨城をこよなく愛するベテラン編集者。
マイペース。ぬいぐるみを見ると保護してくる癖がある。
我らがマスコット。

★ろく 役職:合宿係
くるくるとよく働く頑張り屋さん。
お話上手で周りをよく見ている。
アマゾンを愛する。

★ゆきみ 役職:シンポジウム係
甘いもの大好きな女子力高め男子。
よく電車で寝過ごして予想外な場所に漂着してる。
般若心経的なものが唱えられるらしい。

★なつこ 役職:会計
記事を書くことはあまりないだろうけど、裏でいろいろとブログをいじった人。
紅茶とスコーンと刑事ドラマで至福の休日をすごす。


--------------------
★きーさん
影の支配者。
ひゃっほいと言いながらたこやきとスルメを要求してくる。
乱歩とデジモンとピクシーが好き。

★にょん
サークルの与力。
入学当初から圧倒的な存在感を放つ。
よく食べよく唄う、ムードメーカー。心の中に小さいおっさんを飼っているらしい。

★すこっぷ
謎の中国人担当(嘘です)。
無茶ぶりのかわし方と頭突きに定評がある。
全ては空気を読んでいるからこそ。気遣いやさん。



--------------------
バーコード
児童文学会twitter
ランキング参加中です!
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP